バイクガレージは、様々な会社から提供されています。そしていざそれを購入する時には、どれか1つのガレージを選ぶ必要はあるのです。バイクガレージの選び方には、主に2つポイントがあります。やはり大きさとシャッターの性能が大切です。

 

ガレージによってサイズは異なる

そもそも物には、様々な大きさの違いがあります。住宅物件などをイメージすると、分かりやすいでしょう。面積が比較的大きな住宅物件もあれば、その逆もあります。一般的には、やや広い物件の方が快適だと評価される傾向はあります。

そして、バイクガレージにも同じ事が言えるのです。そもそもガレージと言っても、やはり不動産物件に該当します。不動産である以上は、やはり様々なサイズがあるのです。

 

小さすぎるガレージは良くない

それで当然ですが、やはり適切なガレージを選ぶのが望ましいでしょう。極端な例ですが、バイクが入りきらないという事態は避けるべきです。

例えばある会社のガレージに着目し、とても良さそうだと思ったとします。しかし実際に購入してみると、余りにも小さかったという事例もたまにあるのです。それは、バイクの出し入れなどで苦労してしまうでしょう。

 

大きすぎるのも良くない

そうかと言って、あまり保菌ガレージも望ましくありません。なぜなら、それは庭との兼ね合いがあるからです。

そもそも住宅に完備されている庭も、やはり面積は限られているのです。その敷地内に設置できるガレージにも、限界はあるでしょう。むやみに大きなガレージを設置したいと思っても、庭の面積的に難しい事はあります。

また余りにもガレージの面積が大きければ、今度は庭が狭く感じられる事もあります。ですからガレージの面積が適切であるか否かは、選ぶポイントの基準になるでしょう。

 

どんなガレージもここなら探せます! ⇒ バイクガレージ

 

 

シャッターにも複数種類ある

ですからバイクガレージは面積で選ぶと良いのですが、それ以外にもシャッターも軽視できないポイントになります。

そもそもバイクガレージに設置されているシャッターも、実は複数の種類があります。オーバースライドと呼ばれるタイプもあれば、巻上げと呼ばれる種類もあるのです。1種類だけではありませんから、注意が必要です。

 

速やかに開閉できるか否か

ところで上記の2種類のシャッターは、それぞれ速さに関する違いがあります。例えば後者の巻上げと呼ばれるタイプは、開閉に若干時間を要する傾向があるのです。全て開けきるまでには、だいたい30秒ほどは要する傾向があります。

それに対してオーバースライドと呼ばれるタイプは、だいたい15秒程度で完了する傾向があるのです。明らかにオーバースライドの方が良い訳ですが、そういったスピード面も軽視できません。やはりスピーディーに開閉できるに越した事は無いでしょう。

 

強い風に耐えられるか否か

またそれら2つのシャッターは、風に対する強さの違いもあります。強い風に耐えられるかどうかは、軽視できないポイントになるでしょう。

まずオーバースライドというタイプは、比較的強い風にも耐えられる傾向はあります。強い風がガレージの中に吹いてしまいますと、万が一のリスクも高まってしまう可能性はあるでしょう。もちろんそれは周り望ましくありませんが、オーバースライドならば強風にも耐えられる訳です。

それに対して、巻上げというのは必ずしも風には強いとは限りません。ですから風に対する強さを重視するなら、シャッターの種類もポイントになるでしょう。

 

大きさとシャッターと価格を基準に選ぶ

もちろんこの他にも、価格という要素はあります。バイクガレージによって、価格も異なる訳です。

ですからガレージを選ぶ時には、結局は費用対効果が基準になるでしょう。サイズとシャッターの性能を考慮すると共に、値段も1つの基準になる事は間違いありません。

関連記事

    None Found